2008年7月10日木曜日

逆相関

リスクヘッジするうえで逆相関の
ポジを持つことが重要なってくる
逆相関っていうのは
一方が変化するともう一方はそれと
逆の方向に変化するという関係のこと
厳密に逆相関のペアってのは存在せえへんらしいが・・・
ドルとユーロなんかは代表的や
アメリカドルが悪くなると
投資家は資金をアメリカドルから
ユーロにうつす傾向があるそうや

日本人投資家のスワップ派に大人気の円売りやが
円売り一辺倒やとやはりリスクが高い
スイスフランやいまやったらドルなんかも
ミックスしてみるといいでっせ
まぁデメリットがないわけやないやけどね
又、メリットデメリットについては次の機会に書きたいと
思いまっさ

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ

3 件のコメント:

魚屋 さんのコメント...

オーサカさん、こんばんは^^

オーサカさんの記事はいつも読みやすくて好いですね^^
逆相関もスワップ派としては重要な要素の一つですね♪

応援ぽちっ♪

南豪 さんのコメント...

トルコさんは恐怖感がありますねえ。どこかの口座文面でも、時間帯によってはスプ拡大で、ロスカットになることもなんて、書いてあった気が、、、。

 レバ・変動値を考慮して、初トルコにのぞみまーす。

オーサカ さんのコメント...

魚屋さんこんばんは

こんなこと書きつつ
僕自身、逆相関でポジってないんですよね
魚屋さんみたいにポジりたいですね

南郷さん>>

トルコがんばってください
僕もトルコ友達増えるとうれしいです