2008年7月4日金曜日

アンサー

昨日の記事の答えはズバリ

雨が降るまで雨乞いを続けたから

です。
記事書いて即効で魚屋さんに答えられてしまいました
さすが魚屋さん・・・
で、この雨乞い実際にアフリカのある地方では
干ばつの時以外にも宗教的儀式や成人の儀として
行われているらしく
その儀式の激しさから死亡するひともいるとか・・・
なんかこの状況FXでもけっこうみかける気がする
適当にポジションとってもうて
含み損が大きくなっても
ただひたすらプラスに転じるまでポジ持ち続けようとするが
ロスカットにかかってまうみたいな・・

FXの場合ポジに大きな含み損がでた場合の
選択肢は大きく分けて3つ

1、プラ転するまで持ち続ける

2、損きりする

3、ナンピンする


僕はトルコ円ロング等スワップ狙いのポジなので
1と3で対応することが多いが
みなさんはどうやろか?
どの選択肢も裏目があるから
どれが正解っていうのはないが・・・
まぁ計画性のない3が一番あぶないとは思う
4、なぜか両建てする。なんて答えも危ないかな


クイズの雨乞いやが
僕としては水がなかったら
おるかおらんかわからん神様に祈るよりは
井戸を掘るなり水を引いてくるなりしたほうがええと思うな

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ

4 件のコメント:

魚屋 さんのコメント...

オーサカさん、こんばんは^^

すいません~当てるつもりはなかったのですがKYですね><
今度は、なるべくもっとボケた回答がんばります!!

スワップ派の行動と一緒だから当たったのかな?

私の場合は1番が基本ですね。
3番もレバ6倍までならOKです。

水を引く=仕事して資金追加投入ですね^^
応援ぽちっ♪

mie さんのコメント...

こんばんは~♪

私も最近1番と3番でしのいでます(*´д`;)…

でも、ドルが強すぎるのでとうとう2番の損切りが必要です(TдT)

KTJ さんのコメント...

こんにちは

ブログにコメントをするのは久しぶりですね。
「FXの場合ポジに大きな含み損がでた場合の
選択肢」
ですが各個人の状況によって違うと思います。

レバレッジが低く多少の事ではロスカットされない人は
1のプラ転するまで持ち続ける

レバレッジが高くロスカットの可能性がある人は
2の損切りをする

資金が豊富にあり買い足し続けられる人は
3のナンピンをする

ではないかなぁと思います。

ただ、4番目の選択肢もないわけじゃないですが
個人的には安全だと思っているのですが
それでもリスクがないわけではないので
控えておこうかなと(笑)

オーサカ さんのコメント...

みなさんこんばんは

魚屋さん>>

そうです、スワップ派の行動に
とても似てるんですよね
追加入金はすごく強いですね

MIEさん>>

損きりすることで証拠金に余裕が
できるので新しくポジをとれるって
利点は大きいですよね
・・・って思いながらも
損きりするのってつらいです

KTJさん>>

先日は僕のコメントに対し
非常にご丁寧な返答を
いただきましてありがとうございました
すごく参考になりました、
ポジをちょっと減らすことを
検討してみます
又、模範解答ありがとうございます
さすがKTJさん!!